マミーマート

海老と抹茶が紡ぐ阿吽の呼吸! マミーマートの惣菜「つまみ揚げ」に感服しました

いらっしゃいませ
惣菜ステーション デイリーデリカへようこそ

本日のメニューはこちらになっております。

今日の一品

【惣菜】マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」

値段:198円(100gあたり) カロリー:未記入のため不明

【惣菜】マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」実食レポート

色鮮やかで優しい見た目

そしてパッケージを開けた瞬間に広がるそら豆の香りが、今すぐ食べたい気持ちを後押ししてきます。

主な具材

【惣菜】マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」の主な具材は以下になります。

  • 海老
  • そら豆

ぷりぷりした海老と歯ごたえのあるそら豆の組み合わせは食感としてはバランスがいいですが

付属の抹茶塩が味のパートナーとして補完しあえる組み合わせなのか楽しみです。

さっそく食べてみましょう。
では、いただきます。

初めてだけど、どこか懐かしい味

まずはそのまま食べてみます。

ふっくらとした衣の中から顔を除くそら豆と海老の食感が楽しいです!

具材が詰まって密度が高く、口当たりが最高。

そして抹茶塩で化粧をした、はんなりしたつまみ揚げ。

食べる前は海老と抹茶って合うのかな?

と思いましたが、海老の旨味を軽やかな苦味で包む抹茶塩がいい味を出しています。

まろやかで、そのまま食べるより後味が良くなります。

初めて食べたけど、どこか懐かしく古き良き日本人の心に染み入る味がしました。

そのまま食べた後に抹茶塩をつけて味の変化を楽しめるのもいいですね。

海老とそら豆の旨味を深める抹茶塩の存在に胃袋から喜びの声が聞こえてきそう。

今日もいい惣菜に巡り合えてよかったです。

【惣菜】マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」おすすめの食べ方

マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」は、以下の食べ方が特におすすめです。

日本酒と一緒に

和をより感じながら食べるのがオススメですので、お酒の中でも日本酒が一番合うのではと思います。

しっぽり飲みたい時には最高のお供になるはず。

【惣菜】マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」を味わってみた感想(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

今回は、マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」のレビュー(口コミ・感想)を紹介しました。

以前紹介したコロッケもそうなんですが、マミーマートの惣菜から、いつも食に関してのレッスンを受けている感覚になります。

海老と抹茶の組み合わせというのは思いもつかなかったです。

今日もいいレッスンを受けさせていただき、ありがとうございました!

ごちそうさまでした。

商品名:マミーマート「ぷりぷり海老とそら豆のつまみ揚げ天」
値段:198円(100gあたり)
カロリー:未記入のため不明
主な具材:海老、そら豆

今日の一曲

松田聖子「風立ちぬ」

今日の惣菜は意外な組み合わせがキーワードでしたので、今日の一曲は松田聖子「風立ちぬ」をセレクトしました。

アイドル松田聖子と邦楽ポップスの職人である大瀧詠一が組んだ不朽の名曲。

この曲以前からはっぴいえんど系やティンパンアレー系など当時邦楽シーンの第一線のアーティストを起用した作品はありましたが、中でもポップスの巨匠、大瀧詠一の起用はかなり異色だったと思います。

大瀧詠一が書き下ろした曲が壮大過ぎて、松田聖子のスタッフは繊細な曲を望んでいたんですが、頑として譲らずゴージャスな大作になったため、当時思ったほどセールスが伸びなかったそうです。

ただ今聴いてもスケール感がある曲の世界観によって鮮度を保っているのが今尚愛され続けている理由でもあるのかなと思います。

ホント素晴らしい名曲です。

今日の一品をつつきながら、世界で一番素敵な晩酌のBGMにいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています
最後に、ポチっとしていただけると惣菜レビューの励みになります。

にほんブログ村 グルメブログ スーパーへ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
またのご来訪お待ちしております。