ロピア

スパイシーとあっさりのコントラストが素晴らしいロピアのメンチカツ

いらっしゃいませ。
惣菜ステーションDaily Delicaへようこそ。

今日の一品

ロピア「ロピアきゃべつメンチカツ国産野菜100%使用!」

値段:98円

今回紹介する惣菜はロピアのメンチカツになります。

前々からちょっと気にはなっていたのですが、今まで手に取る機会がなかったので今回買ってみました。

見た目はちょっと大きめなメンチカツっていったところなのですが、味はどうなんでしょうか。

さっそく食べてみましょう。
では、いただきます。

きゃべつに歯ごたえがあり、玉ねぎの甘みもあります。
そして鶏肉を使用しているので、通常のメンチカツよりあっさりしています。

黒胡椒がかなり効いていて、口に入れた瞬間から食べ終えるまでずっと残ります。具材があっさりしているので黒胡椒が味のアクセントをつけてくれています。

直径約10cmと大きなメンチカツですが、味付けが濃くないのでペロリと食べられます。

そのまま何もつけず食べてもいいですが、ソースをかけて食べるのがオススメです。

ロピアのメンチカツ好きな人、結構多いんじゃないかなと思います。

ごちそうさまでした。

今日の一曲

小島麻由美「結婚相談所」

ジャズと古き良き歌謡曲が織り混ざった不思議な魅力を持っていて大好きな楽曲です。

この曲が収録されている1stアルバム「セシルのブルース」は発売から2〜3年後にヴィレッジヴァンガードで見かけて買った記憶があります。

この当時は「セシルのブルース」か小沢健二「球体の奏でる音楽」ばかりをヘビロテしていました。

小島麻由美がデビューした同時期にはBONNIE PINKがいて、その数年後に椎名林檎やUAなどが出てきて、R&B系ではMISIAや宇多田ヒカルが大ブレイクしていきました。

90年代後半から2000年代初期の日本の音楽シーンはホント凄かったです。
閑話休題。

今日の一品をつつきながら、世界で一番素敵な食卓のBGMにいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
またのご来訪お待ちしております。